うのにもお得な その他 サンワサプライ FULL 爆売り HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個

その他 サンワサプライ FULL HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個

3500円 その他 サンワサプライ FULL HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個 PC周辺機器 マルチメディア関連 WEBカメラ その他 サンワサプライ FULL 爆売り HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個 3500円 その他 サンワサプライ FULL HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個 PC周辺機器 マルチメディア関連 WEBカメラ 3500円,FULL,その他 サンワサプライ,/humbuzz1598441.html,CMS-V37BK,PC周辺機器 , マルチメディア関連 , WEBカメラ,1個,ブラック,HDWEBカメラ,onestore.ph その他 サンワサプライ FULL 爆売り HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個 3500円,FULL,その他 サンワサプライ,/humbuzz1598441.html,CMS-V37BK,PC周辺機器 , マルチメディア関連 , WEBカメラ,1個,ブラック,HDWEBカメラ,onestore.ph

3500円

その他 サンワサプライ FULL HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個

商品番号:2866885

メーカー:その他

型番:ds-2141816

●【メーカー名】サンワサプライ
●【型番】CMS-V37BK
●フルHD解像度(1080p)で撮影できる高解像度WEBカメラです。
●最大1920×1080ピクセルで撮影できます。
●5枚のガラスレンズ採用で、被写体に近い色を表示できます。
●USBビデオクラス(UVC)対応なのでドライバが不要で、パソコンに接続するだけで動作します。
●フレキシブルアーム搭載で大型液晶ディスプレイにも取り付け可能です。
●カメラ本体にマイクを内蔵しています。
●ヘッドホンなしでもビデオチャットが楽しめます。
●USB2.0対応で動画がスムーズに動きます。
●Skypeなどの各種ビデオチャットに対応しています。
●色:ブラック
●受像素子:FULL HD CMOSセンサー
●最大解像度:1920×1080ピクセル
●最大フレームレート:15fps(1920×1080ピクセル)
●フォーカス:手動調整
●インターフェース:USB Ver.2.0 準拠(Aタイプコネクタオス)
●ケーブル長さ:1.45m
●対応OS:Windows10/8.1/8/7(64bit/32bit)/Vista/XP(SP2以降)
●寸法:W43×D152×H66mm
●質量:120g
●その他仕様:
●レンズ:F2.0(f=3.0mm)
●最短接写距離:30cm
●絞り、明るさ、コントラスト:自動調整
●ホワイトバランス:自動調整
●最低照度:10Lux
●消費電力:最大200mA
●システム要件:Intel Core 2 Duo2.4GHz以上のCPU、1GB以上のメモリ、1GB以上のハードディスク空き容量
●付属品:取扱説明書
●保証期間:6ヶ月
●備考:※寸法はスタンド除く。
●※最新のOS対応状況はメーカーHPでご確認ください。
●【キャンセル・返品について】
●商品注文後のキャンセル、返品はお断りさせて頂いております。
●予めご了承下さい。
●本商品はお取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。
●誠に恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
●また、以下の場合には追加送料がかかる場合がございます。
●・沖縄、離島および一部地域への配送時
●・同梱区分が異なる商品の複数購入時
●【出荷目安】:5 - 11営業日 ※土日・祝除く
●【同梱区分】:TS 1
●【梱包サイズ】:通常商品
●システムの仕様で配達日時を指定出来る場合がありますが、配達日時の指定は出来ませんのでご了承ください。
●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。【代金引換払い】【お届け時間指定】【店頭引き渡し】はご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。
●お客様都合によるご注文後のキャンセルは『不可』となっております。またお届けしました商品のお客様都合による「返品 交換」も行っておりません。

その他 サンワサプライ FULL HDWEBカメラ ブラック CMS-V37BK 1個

LAZY SUSANネックレス レーシーフラワー

2022年4月9日
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選が4月9日(土)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

予選はアクシデントの多いセッションとなった。Q1ではニコラス・ラティフィとランス・ストロールが接触して赤旗。アレサンダー・アルボンがコース上でストップしたためQ2の開始は遅れ、Q3ではフェルナンド・アロンソがクラッシュして2回の赤旗。セッションが終わる頃には激しい西日がサーキットを照らした。

F1オーストラリアGP 予選 速報:シャルル・ルクレールがポールポジション!

2022年4月9日
F1オーストラリアGP 予選の結果速報。2022年F1第3戦オーストラリアGPの予選セッションがメルボルンのアルガート・サーキットが行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)がポールポジションを獲得した。

Q3では残り7分でこれまで好調だったフェルナンド・アロンソ(フェルナンド・アロンソ)がクラッシュするというアクシデントで赤旗中断となる。ドライビングミスではなく、ハイドロのトラブルでシフトダウンできなくなってしまってのクラッシュだったようだ。これでサインツとラッセルの1回目のアタックタイムは無効となる。

2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ 予選:タイム結果

2022年4月9日
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリ 予選のタイム結果。

2022年のF1第2戦オーストラリアグランプリの予選が4月9日(土)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が今季2回目となるポールポジションを獲得した。

F1オーストラリアGP 予選Q2 結果:角田裕毅とガスリーはQ2で敗退

2022年4月9日
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q2が行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)がトップで通過した。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。今年、トップ10ドライバーは決勝でQ2をタイムを出したタイヤでスタートするというルールは撤廃され、Q3に進出したドライバーも決勝で自由にタイヤを選べるようになっている。

F1オーストラリアGP 予選Q1 結果:マックス・フェルスタッペンが首位通過

2022年4月9日
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がトップで通過した。

現地時時間15時から18分間のQ1セッションはスタート。気温23度、路面温度31度のドライコンディション。全ドライバーがソフトタイヤで走行をスタートさせた。

MotoGP アメリカズGP:ドゥカティが初日総合1-2番手発進

2022年4月9日
2022年 MotoGP 第4戦アメリカズGPのフリー走行が4月8日(金)、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、ヨハン・ザルコがトップタイムをマークした。

気温23度、路面温度47度のドライコンディションの中、フリー走行1で10番手のヨハン・ザルコが開幕戦カタールGPのフリー走行4以来今季2度目のトップタイムをマーク。昨年8月の第11戦オーストリアGP以来11戦ぶりとなる初日総合1番手に進出した。

F1:マックス・フェルスタッペンのリスタート戦略を封印

2022年4月9日
F1ドライバーは、セーフティカー後のレース再開にむけてライバルの隣に並ぶことはもはや許可されないと通達された。

F1オーストラリアGPに先立って土曜日に発行されたプレイベントノートのアップデートで、新しいレースディレクターのニールズ・ウィティヒは、リスタート前の特定の操作が禁止されることを明らかにした。

F1オーストラリアGP フリー走行3回目:マクラーレンのノリスが首位!

2022年4月9日
2022年F1第3戦オーストラリアグランプリのフリー走行3回目が4月9日(土)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、ランド・ノリス(マクラーレン)がトップタイムをマークした。

現地時間15時、気温24度、路面34度のドライコンディションで60分間のFP3セッションはスタート。全般的にFP3セッションではソフトタイヤがメインで使用され、確認走行→ショートラン→ロングラン→ショートランといったプログラムが実施された。

F1オーストラリアGP FP3 結果速報:ランド・ノリスがトップ!

2022年4月9日
F1オーストラリアGP FP3の結果速報。2022年F1第3戦 オーストラリアGPのフリー走行3回目が行われ、ランド・ノリス(マクラーレン)がトップタイムを記録した。

4月8日(土)にアルバート・パーク・サーキットで60分間のFP3セッションが行われ、ランド・ノリスの1分19秒117をマーク。セッションは残り5分でのランス・ストロール(アストンマーティン)のクラッシュによって赤旗のまま終了した。角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は10番手だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム